アントシアニンを摂取して目の疲れを解消!

 

今の世の中は、いろいろなものが便利になって、体を動かすことがどんどん減っています。

例えば、会社に行く時は、電車やバス、車を使い、社内では、階段を使わずエレベーターに乗るなど、自分の足を使って歩くことも少なくなっています。

そのため、運動不足の状態に陥り、体脂肪が内臓に溜まって肥満化し、健康診断で、メタボリックシンドロームと指摘される人が増えています。

このように、世の中のいろいろなものが便利になる反面、体にさまざまな弊害を及ぼすというデメリットも多く存在します。

運動不足による肥満化に加え、パソコンの普及によって、目の疲れからくる症状に悩ませれている人も結構いらっしゃいます。

以前は、1枚1枚、ペンを使い手書きで作成していた書類も、今は、パソコンで簡単に作れるようになっています。

しかし、1日中、パソコンの前に座って目を酷使しているため、目の奥がズキズキと傷んだり、光に反応してまぶしかったり、さらに、ひどい時は、肩や首がこったりと、眼精疲労の症状に悩ませれている人が増えています。

これらの症状は、長時間のパソコンによる目のダメージで、目を動かす筋肉がガチガチにこって緊張しているために起こります。

このような目の疲れを解消するには、目の血行をよくして、血液循環を改善することが有効になります。

そんな目の疲れを解消する簡単な方法としては、目のまわりを温めることです。

まずは、タオルを用意して、お湯に浸し、絞って下さい。

あるいは、水で濡らして絞ってから、電子レンジで温めて下さい。

タオルの準備ができたら横になって目を閉じて、温まったタオルを両目に当てて下さい。

すると、じんわりと目のまわりが温まって、血行がよくなり、徐々に疲れも解消されてきます。

ただし、目が充血しているような場合は、炎症を悪化させてしまうので、温めることはしないで下さい。

そして、目の機能を高めるとされるアントシアニンが多く含まれるブルーベリーを積極的に食べましょう。

やわたのブルーベリーのサプリメント「北の国から届いたブルーベリー」なら、いつでも、どこでも、簡単にアントシアニンを摂取することができて、とても便利なのでオススメです。

その他に、ニンジンに含まれるβカロチンやレバーなどに含まれるレチノールも目に効果的とされています。

そして、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEの4種のビタミン類も日頃の食事からしっかり摂るように心がけましょう。