ホルモンバランスの崩れから起こる女性の薄毛

 

男性に限らず、多くの女性も、抜け毛や薄毛などの髪のトラブルで悩んでいます。

男性の薄毛は、遺伝的な原因で若い頃から脱毛症を発症したり、老化によるものだったりと、ほぼその原因は特定されていますが、女性の場合は、加齢、睡眠不足、偏った食事、ストレス、ホルモンバランス、間違ったヘアケアなど、さまざまな要因が絡み合っていますので、原因を一つに絞るのはとても難しいと言われています。

ですが、遺伝的な要因が強い男性の脱毛症に比べると、規則正しい生活習慣を送り、正しいヘアケアを施していれば、女性の薄毛は治療しやすいとも言えます。

それでも、男性と同じように、女性もある年齢に達すると、老化の影響で抜け毛が増えて薄毛になってしまう方が多くいらっしゃいます。

このある年齢というのは、更年期を迎える時期になります。

更年期とは、女性が閉経を迎える前後の約5年間で、一般的には50歳くらいで閉経を迎えるので45歳~55歳ということになります。

そして、この更年期に薄毛になってしまう原因に、ホルモンバランスの崩れが挙げられます。

女性は更年期になると、女性ホルモンが急激に減少するようになってしまいます。

そのため、女性は更年期を境にホルモンバランスが崩れて、薄毛だけでなくさまざまな障害が起きてしまいます。

一般的に、これを更年期障害と呼んでいます。

男性の脱毛症は、脱毛を促進する働きのある男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が原因ですが、実は、女性にも、この男性ホルモンが存在しています。

女性が更年期を迎えて急激に女性ホルモンが減少した時に、相対的に男性ホルモンが優位になり、抜け毛が増え、薄毛になるというわけです。

さらに、女性ホルモンの中にはエストロゲンという髪の毛を作りだす働きをするものもあるので、女性ホルモンの減少だけでも、薄毛の要因となってしまいます。

こうした加齢による抜け毛や薄毛は、人として生きている以上、絶対に避けられないことですが、規則正しい生活習慣を送り、常に健康的な頭皮環境を維持していれば、少しだけでも老化を遅らせることができ、抜け毛、薄毛の予防になります。